2008年11月20日木曜日

出産当日ストーリー




毎日、リンクとマイケルを抱いてばっかりいる為、右手首がひどい腱鞘炎になってしまいスプーンも持てないほどになってしまったJessica です。

おまけにひどい腰痛と肩こりで背中にはサロンパスのオンパレード。。

忘れないうちに出産当日の話を書いておこうと思います。

予定帝王切開だった為、10月29日、朝4時に起きて Nick と二人で“これから産んできま~す!”なんてホームビデオを取りながら明け方、病院へ向かいました。

我が家の双子は二人とも最後まで頭が下になっていて逆子ではなかったので普通の経膣分娩も希望すれば可能だったのですが、人一倍怖がりのJessica は何といってもあんなでっかい赤ちゃんが自分の股から出てくること自体考えただけで失神しそうで、更に私の場合は双子で2回もそんないきむなんて想像に絶し、帝王切開を最初から希望しました。

だって、人間が股から出てくるんですよ!

こっちはほとんどがエピドロを使った無痛分娩だけど、それでも経験者の友達もみんな陣痛の痛みが並じゃなかったって言うし、先生も双子の場合は普通分娩で望んでも最悪のケース、一人目がちゃんと出てきて二人目がなかなか出てこなくて結局、帝王切開になることもあるから、最初から予定帝王切開で行くケースが大多数、と言っていました。

日本ではまだほとんどエピドロも使わない自然分娩で皆さん産んでいるなんて頭が下がります。

当日は朝、5時半に病院にチェックインし、個室でモニターをお腹に付けられて赤ちゃんの心音なんかを計り、ナースがこれからの手順などを説明しました。

Nick は手術室用のブルーの服に着替えさせられ、グレーズアナトミーのドクター、マックドリーミーとは程遠い姿でまるで、

今から宇宙に行くんですか? って感じ。

7時半に手術室に移動したのですが、手術室に入った瞬間、10人以上ののナースや麻酔師、先生が待機していてシャカーン!と天井からライトが照らされたERの世界で、Jessica, 一気に恐怖が襲ってきて足がすくみ、

ひょえーーーー!
本当に今から始まるんだーーー!どうしよー、やっぱり怖いから普通分娩に変えます、とか今から言えないのかな?!何で自ら腹を切ることを選んでしまったんだーーー!!

と後悔しまくり。

麻酔師が
“これから脊髄に注射をするので背中を丸めて動かないで。最初チクっとするけどあとはプレッシャーを感じるだけです。”と説明するのですが、もうパニック状態の Jessica, ガクガクと震えが止まらなくて、
“すみません!私、震えてるので体が動いちゃってるのですが大丈夫ですか?! I'm shaking ! I'm shaking ! ”と叫びまくって、ナースに前から体を支えてもらいました。

チクっとした後クワーっと液体が中に入っていく感覚がして
“ Are you alomost done ?! Note yet ?! " と何度も聞くとても嫌な患者だったと思われます。

10秒後位に足元からポーッと温かくなってきて、遂に手術台の上に寝かされられ、お腹の下からはカーテンで見えなくされました。

ナースが
“ハイ、冷たく感じますか?”と麻酔が効いてるかチェックする為に冷たいコットンをお腹にあてるのですが、麻酔が効いてないまま切腹されたんじゃたまんないですから何度も

“うーん、まだ冷たいかもしれません。”
“まだ冷たいような気がします。”
“まだちょっと冷たい気がします。”


としつこく返答。

ようやく麻酔も効いて先生が“じゃこれから始めます。”と言われてからもう1分もしないうちに焦げ臭いにおいがしてきて


ひいいいいーーーーー!この匂いは私の腹が切られてる匂いだわーー!


と思った瞬間、お腹の中をモゴモゴされてる感覚がし、

その直後5秒後に、” Oh, it's a beautifull baby ! " という先生の声と共に、

おぎゃーおぎゃー!!!と赤ちゃんらしき泣き声が。

そしてチラっと肌色の泣き喚く生命体が私のお腹の横から見えて、


うわーーーー本当に出てきたああーーーーー! (←当たり前だけど)


妊娠中、毎日2時になるとTLCのベービーストーリーを見て毎回、人の出産の光景に感動で泣いていたのに自分の出産時は、自分のお腹から他の生きてる人間が出てくる、というあまりの非現実的な光景(現実のことなんだけど)に目ん玉を見開いて凝視しっぱなしで感動する暇なんて全くありませんでした。


そして30秒もしないうち、“Next one is coming up ! " と言って二人目もおぎゃーおぎゃー!


うわーーーー、また出てきたあああああああああ!!!!(←双子だから当たり前)


感動というより、SF映画の世界のようでした。

妊娠中、お腹の中に赤ちゃんがいるという事実はもちろん分かっているものの、本当にお腹から肌色の生きた小さな小さな人間が泣いて出てくるって、もう、本当にすごいことですよ。

こんな感じで私の帝王切開はあまりの早さにリンクの方が最初に出てきたのだけど、マイケルも二人とも同じ7時52分が出産時刻になりました。ものの30秒ほどの差でした。

ハイ、They are gorgeous ! と言いながらナースが二人の赤ちゃんを私の胸元に持ってきてくれて 私と赤ちゃんの写真をNick が撮り、(ちゃんとこの為に最初からメークしておいた。)初めて自分の赤ちゃんと言うものに恐る恐るほっぺたをポインポインとつついてみると、生暖かくて

うわーーーー、本当に人間だーーーーーー!(そりゃそうだ。)


その後、先生達が私のお腹から胎盤の処理やらしているらしいのですが、“昨日ディナーの後に、車がエンストしちゃって大変だった。”なんて世間話をしながら処理をしているので、え?、まじ?ちゃんと私のお腹に集中してよ~!!と思いながらも彼らにとっては日常茶飯事のことなんだわ、と思ったらなんだかちょっと緊張がほどけてきました。

そんな感じで私の出産体験は、涙の感動とは程遠いのですが今までの生きてる人生で味わったことのない凄まじい経験でした。


次は入院生活をアップデートします☆


にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ

にほんブログ村 マタニティーブログ 海外出産へ

8 件のコメント:

sunrinse さんのコメント...

Jessica,

生々しい出産当日のアップデートありがとう!
確かに色々映像はそれまでにも見ていたとしてもいざ自分の出産となると驚きの連続、なんだろうねぇ。
読んでいると本当にあっという間だったという感じがする!

しかし本当に二人とも健康な赤ちゃんでよかったね!

写真もどんどん大きくなってるー!もう少しゆっくり大きくなってぇ!

それにしてもナイスなシャツ着てるね二人とも!ウケた!

ortensia さんのコメント...

Jessicaさん、

きっと目まぐるしい毎日なんでしょうね。
二人が同じ出産時間というのもすごいです!(ちなみに、私は双子の妹と20分差です。産むまで双子だと知らなかった母はもちろん普通分娩で産んだわけですが)

私もそろそろ妊娠5ヵ月半。
それこそ、おなかに宇宙人がいる気分。まだ胎動は感じないけれど、このおなかの中でムニムニっと動いている子がいると思うと不思議で・・・

体調にはくれぐれも気をつけてくださいね。

Mちん さんのコメント...

この写真のリンクとマイケルは手をつないでる?
すっごくかわいいよ〜かわいすぎる!
こんなことって双子でしか見れないね♪

うちの母が帝王切開で私を産んで、
産後がすごーく辛かったって言ってたけど
ジェシカの話を聞いたらイメージが変わりました。

左手首大丈夫?無理しないようにね
慣れてくると、二の腕とかに筋肉が良い感じに
ついてくるよ〜

りんママちゃん さんのコメント...

おめでとうございます。
遂に生まれたんですね(^-^)
しかも5分で出産とはかなり早いですよね。
お腹の痛みはどうですか?
あまり無理しないでくださいね~♪

Jessica さんのコメント...

Sunrinse さん、


H&Mのベビー服で買ったんだけどこのシャツ、笑えるでしょ~。
どんどん大きくなってるよ~。
もう頭とか重くて抱くのがドシっとくるもん。
日本につれて帰る頃にはかなり大きくなってるんだろうなあ。

Jessica さんのコメント...

Ortensia さん、

お母様、その当時は双子とかその時まで分からなかったんですものね。
それに普通分娩で双子出産、もう頭が下がります。
帝王切開は本当に早かったですよ。
始まったらあっという間に出てきました。
Ottensia さんももうすぐですね!
体には気をつけて今のうちたっぷり睡眠を取っておくといいですよ☆

Jessica さんのコメント...

Mちん、

昔の帝王切開はすごく痛かったんだろうね。。でも日本だと切るのももっと大きいみたいよ。ママの友達の娘がこの前帝王切開で切り口結構大きかったって言ってた。
私はね、今はどこ切ったのか全く分からないよ。それに切り口も本当にここから体全体出てきたのか?!って位すんごい小さかったよ。中指の長さくらい。

Jessica さんのコメント...

りんママちゃん、

有難うございます!
お陰様でお腹の痛みはもう全くないのですがその代わり腰痛と肩こりがひどくて。。
サロンパスのオンパレードですー。。