2008年11月26日水曜日

入院生活



今までの人生で入院ということをした事がなかったので、実はなんだか遠足のようで楽しみにしていて、どんな食事が出るのかな~♪となんだかドキドキでした。

Jessica が出産した病院は食事も豪華で美味しい、と聞いていたし、同じ病院で出産した会社の同僚も“レストランのようなコンプリートミールでスピナッチスフレが美味しくてあの味が忘れられないわ。”なんて言っていたので、スピナッチスフレ?!そんな小洒落たもんが出るのか~☆とかなり期待大。

手術後、リカバリールームで休んでから病室に移動されました。

病室は全て個室でシャワー、トイレ完備で窓からの眺めも悪くないし、双子だからという病院の配慮で角部屋の一番大きい部屋を用意してくれて結構快適でした。

前の晩から何も食べてなかったのでお腹ペコペコだったJessica, ようやく病室で落ち着いてから食事が運ばれてきてニコニコしながらトレーを見てみると出されたものはこれ。







なんですかこれ?


クランベリージュース、紅茶、チキンブロスにオレンジシャーベット。。。


はいいいい?!


ナースに聞いてみると初日はまだ点滴をしていて流動食しか食べちゃダメということ。

ががーーーん。

夜も全く同じメニューが出された時には悲しくなりました。

次の日の朝からは通常メニューで、毎回食事の前に部屋に電話がかかってきて飲み物、前菜、メイン、デザートを全て選べて、“チキンのハーブソテー、ビーフのトマト煮込み、サーモンのどれがいいですか?”と言った感じで選択が出来ました。

これが結構、楽しかったあ☆

朝は、フレンチトーストにブルーベリーマフィン、コーンフレークを選びました。







夜はマッツオボールスープに、ビーフ。









この病院、ジューイッシュの病院で有名なので、ジューイッシュ料理のマッツオボールスープは美味しいんじゃないか、と思って選んでみたがうーん、これはちょい失敗。

次の日の朝食はパンケーキ。





夜はチキンに噂のスピナッチスフレを。





なるほど~♪ホウレン草をクリーミーでフワフワに空気を入れて仕上げてあるのですごく軽くて美味しかった!どうやって作ってるのかしら?

午前中と午後に2回スナックタイムもあって、コーヒーと一緒にほっかほっかの焼きたてクッキーやら、マフィンを持ってきてくれるのですがこれも熱々で美味しい!!

病院にいながらかなり食事を楽しんでしまいました。

よく退院する時、あ~ようやくお家に帰れて嬉しい~って言う人が多いけど実は私、最後の日とか“なんだ、もう退院か。もうちょっといたかったな。”とか本気で思ったほど快適入院生活でした。


看護婦さんもみんなすごく親切で至れり尽くせりだったし、双子だから大変でしょ、とダイパーやフォームラも持って帰りなさいってものすごい大量にくれて感謝☆

今でも病院の前を通るたび、また入院したいなー、でももう二度とないなんて残念だな~なんて思っちゃう。(笑)それ位私の入院生活は楽しかった。(笑)


最近のマイケルとリンクは耳が発達してきたのか、前までは一人が泣いてももう一人はすやすや寝ていたのに今では一人が泣き出すとビクっとしてもう一人もつられて起きて泣いちゃうのが困りもの。。

あー、いつか起きた時に“おおーーーー、5時間も寝てくれたーー!”なんてミラクルな日が早く来てくれることを願うばかりです。(笑)

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ

にほんブログ村 マタニティーブログ 海外出産へ

2 件のコメント:

sunrinse さんのコメント...

Jessica,

すごいね入院食!!おいしそー!
これじゃあ帰りたくないよ!
内容が選べるなんてすごいなー!
それにスナックタイムまで!
いや~さすがだね。

育児はどう?
Nickママとかが来てくれるの?

日本は今年は紅葉がきれいだよ。
だいぶ寒くなってきたけどね。

風邪ひかないようにね!

Jessica さんのコメント...

Sunrinse さん、

Nick ママ達には週に1回位来てもらって手伝ってもらってるよ。
もうちょっと近かったらいいんだけど遠いいからさ。。

入院食、かなり楽しんじゃった。
ホテルのルームサービスみたいだったよ。
アイスクリームとかもさ、食べたい時ナースコールするとすぐいろいろ持って来てくれるの。