2008年8月6日水曜日

母親学級 (双子の親用)

病院で行われる母親学級のようなクラスに初めて昨日行って来ました。

昨日のクラスは Parents for multiple kids、といって双子、3つ子の親になる人達用のクラスで、双子育児をどのように乗り切るか、なんてことをビデオを見たりしながら学ぶクラスです。

まず、Jessica が出産をする予定の病院は、LAでもよくセレブが出産したり、なんだかんだゴシップ雑誌にセレブが入院したーとか言う話があるとその病院の名前が出るLAでは有名な病院なのです。

うちは全く普通のそこら辺の病院で構わなかったのですが、今通っている産婦人科の先生がその病院としか提携してないから仕方なくそこになったのです。

よって、来てる患者さんもみんな近所のお金持ちさんなんだろうな~って感じの所なのですが、昨日のクラスを受けた後、これから大丈夫なのか心配になってしまいました。。

まず先生が双子の場合、もちろん一人の子育てよりもダブルで疲労が来るし、授乳の回数も生まれたての頃は一人のベイビーに平均1日12回、よって双子だと24回授乳が必要。

授乳にも30分はかかるし、その間にダイパーを替えたり24時間ほぼ付きっ切りになるから、周りのヘルプが絶対に必要です、とか言って、それぞれのカップルに出産後のヘルプのアレンジはしてあるか、聞き始めたのです。

そしたら端っこのカップルから順に答えていって、

「うちは住み込みの 24時間体制のLiving nunny をもう抑えてあります。」


「うちは今のメイドが家事洗濯一般にやってるので、それはキープしながらベイビー専門の Baby nurse を探しているところです。」


「私の所も今のメイドはハウスキーピングが主なので、CPRの資格がないし、私たちがお金を出して彼女を学校に通わせてCPRの資格を取ってもらいベイビーのヘルプもしてもらおうと思っています。」


「うちは紹介してもらった住み込みのLiving nunny をニューヨークから来てもらうことになっていて彼女のフライト代もこっちが負担して来てもらうことにしています。」


もうJessica、はあ?はあ?はあ?目が点です。


そこで、先生も

“そう、フライト代を負担しても東海岸からLiving nunny を呼び寄せした方がLAのローカルで雇うより安いって聞くわ。”

なんて言い出して、みんなそのLiving nunny やらの平均相場の話になり、24時間体制で1日$500だから、NYから呼び寄せしてもたいして変らない、みたいな話をしているのです。

一日$500だよ。月とかじゃなくて。

はあああ?!って感じ。

で、先生も、ハイじゃあ、あなたは?なんてどんどん聞いて回って、

もうお願いだから聞かないでーーーーーー!という必死の願いも届かず Jessica の番になってしまい、


「うちは~、母親が3週間ヘルプに来てくれて、その後は彼の親に週に数回ヘルプを頼むかもしれません。」


しーーーーーーーん。


大体、双子の親がみんな揃って経済的にそんなLiving nunny なんて雇えるわけないと思うし、一体なんなんだ?って感じです。

その後、先生も一応フォローみたいな感じで

「Sometimes, its' hard to hire professional help. そういう時は老人センターや教会なんかでボランティアーで喜んでヘルプをしてくれる場合もあるんですよ~。」

と、チラッチラッ、とJessica夫婦を見ながら話してました。

散々、どんだけ大変かって話を2時間半した後もうクラスも終わりでみんな席をガチャガチャ立ち始めた頃、

「でもね、


 大変だけど Joyfull もみんなの2倍よ。 It's wonderfull thing ! 」


って付け加えてたけど、

おせーんだっつーの!


あーあ、大丈夫かなあ、これから。。


なんだかとっても不安になってしまいました。


にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ

にほんブログ村 マタニティーブログ 海外出産へ

4 件のコメント:

りんママちゃん さんのコメント...

初めまして!なんとなく見ていたら楽しくて最初の方から全部読ませて頂いちゃいました(^-^)私小学校の時にカリフォルニアに5年位住んでたのでアメリカの生活とか聞かせてもらうの好きなんですよね。って言っても、もう17年位前の話ですが(^^;)
赤ちゃんtwinなんですね~。すごいです!おめでとうございます。赤ちゃんの為にお手伝いさん頼むなんてホントリッチな方が多いんですね(@@;)びっくりしちゃいました~!
また遊びにきますね!

dolce さんのコメント...

アノ病院で出産する人たち、さすがですね・・・
そして、か・な・りウケました。
一日に500ドル、資格を取るために学校に通わせる?
nannyをNYから呼び寄せ、しかもフライト代も支払うってどういうことじゃ~?!
ウチだったら破産です!
って言うか普通だったら破産です(笑)。
でも、実はこの発言した人達、最初の人に合わせて見栄を張っているだけだったりして???
2人分なので、周囲(ご主人)の協力は必須でしょうけど、
双子でも皆、子育てできてるから大丈夫ですよ~:)

Jessica さんのコメント...

りんママさん、

初めまして♪
全部読んでくれたなんて有難うございます☆
小さい時にカリフォルニアに住んでいらしたんですね~。
そう、私が行った母親学級は特別、皆さんお金持ちの方ばかりだったんだと思います。。
また遊びに来てくださいね☆

Jessica さんのコメント...

Dolce さん、

そう、最初アノ病院で出産と聞いた時、“え?あんなとこで産んじゃったら一体幾ら取られるんだあ~?!”と先生を変えようと思ったのですが調べたら、私の保険だと結構カバーしてくれて帝王切開で産んだとしても自己負担は$300程度だったので、先生も信頼できる先生だしそのままお願いすることにしたんです。
Living nanny とか普通に話しちゃっててもうびっくりですよお。